SSブログ
ソーラー発電

トピナンブール キクイモ [つぶやき]

topinambur01 some rights reserved.jpg

トピナンブールです。


北米原産のキク科植物の地下茎の部分です。


ヨーロッパでは、第二次世界大戦時代に非常食として
たくさん食べられたそうです。食糧難の時にこればっかり
食べたっていうイメージがあるから、嫌がる人も多いみたいで。。。


topinambur02 some righrs reserved.jpg

でも、近年になってまた人気が戻ってきました。
イタリアにおける産地は北部のピエモンテ州で、
こちらの郷土料理であるバーニャカウダにも
よく登場するみたいです。日本のやつでは見かけないですよね。


topinambur03 some rights reserved.jpg

ゴボウみたいな風味で、火を入れるとアーティチョークみたいな
ホコホコした食感になります。


ちなみに、このお野菜の英名はエルサレム・アーティチョークです。
でも、エルサレムは全く無関係だそうで。。。


スープにすると美味しいんですって!!詳しくはこちら!!


そして、このトピナンブールの和名はキクイモなんですが
どうやらこのキクイモに含まれているイヌリンっていう成分がすごいことになっているらしい!!


topinambur05 some righrs reserved.jpg

キクイモを食べると血糖値がさがるんですって!!

すなわち、キクイモは天然のインシュリンだというのです。

20世紀初めごろにエドガーケイシーって人が
多くの糖尿病患者に食べさせて、合併症から救ったという食材なんです。


あと、キクイモを食べてもそれほど血糖値が上がらないので
体脂肪が増えないっていうダイエット効果があるようです。

詳しくはこちらをご覧下さい。


今度試してみよ~~。


チャオチャオ!!

nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 28

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

パプリカラルド lardo ブログトップ
TOPへもどる

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。